「きたまりダンス食堂」

 2018年10月11日(木)-13日(土)

きたまりダンス歴18年目。振付歴15年。このたび30作品ほどの記録映像を一挙公開。

 

■会場

 UrBANGUILD (京都市京都市中京区材木町181-2 ニュー京都ビル3F)

 

■チケット料金

 ◇no charge ! 1order制 (パフォーマンスはカンパ制 ) 

 

三日間期間限定営業時間

10月11日(木) OPEN 18:00-23:00  Performance20:00-21:00  guest:ヨース毛(cello)

10月12日(金) OPEN 14:00-24:00  Performance20:00-21:00  guest:宮嶋哉行(violin) 10月13日(土) OPEN 14:00-24:00  Performance20:00-21:00  guest: ryotaro(sound) 

 

    ◇数量限定!スペシャルスイーツ、ダンサー・今村達紀特製ういろうあります。 


 

 

  15年目を迎えた「KIKIKIKIKIKI」のこれまでの作品映像の上演や展示。

 きたまりダンス食堂限定メニューやダンス相談室や、連夜20時からはミュージシャンときたまりの音楽とダンスのセッションライブパフォーマンスも開催。

営業時間内の途中入退場大歓迎。

好きな時間にダンスと共に飲んで食べてごゆるりお過ごしください。

 

 

KYOTO EXPERIMENT 京都国際舞台芸術祭 2018 フリンジ「オープンエントリー作品」


 


きたまり(dance)

振付家、ダンサー。1983年生まれ。京都市在住。京都造形芸術大学 映像・舞台芸術学科 在学中の2003年よりダンスカンパニー「KIKIKIKIKIKI」主宰。出演者のブログから映画、伝統芸能、クラシック音楽まで、あらゆる素材からダンスを創作、近年ではグスタフ・マーラーの全交響曲を振付するプロジェクトを開始し、同プロジェクト2作目『夜の歌』で文化庁芸術祭新人賞(2016年度)を受賞。また、多田淳之介、木ノ下歌舞伎、ディディエ・ガラスなどジャンルを越境した共同制作を国内外で積極的に展開する。

「photo: Mai Narita」


ヨース毛(cello)

京都のインストバンド「ザッハトルテ」のチェリスト。他に、ソロ、舞台音楽等を手掛ける。

2018夏~秋は、大阪府障がい者舞台芸術オープンカレッジ2018「うみのうたごえ」に講師として参加中。11/25に舞台発表があるので観にきてください。

【舞台】:2014年『友達』sunday @Ai HALL 音楽・演奏 2015年『麦ふみクーツェ』@シアターBRAVA! 出納係・演奏 2016年『透明な血』演劇集団円 作・演出:東憲司 音楽・演奏他。


宮嶋哉行 Saikou Miyajima (violin)

音楽家 3 歳から鈴木メソッドでヴァイオリンを習う。クラシック、ロック、ジャズ、電子音楽等様々な演奏方法を経て、 即興による演奏活動を始める。ライブ演奏の完成度と音の豊かさは、即興やヴァイオリンという言葉のもつ 従来のイメージを変えると評価が高い。ソロ活動の他、、UrBAKANA といった即興ユニット、 ダンスや絵画、映像作品とのコラボレーションなども積極的に行っている。 


ryotaro (sound) 

エレクトロニクスを融合したアコーディオン弾き。96年からナスノミツル (アルタードステイツ)、三条とおる (EP-4)らの[elements]に加入後、数々のアングラの巨匠達との共演を経て2010年からUrBANGUILDのブッキングを務め、FOuR DANCERS, Velvet Moon等、数々のイヴェントを企画。今貂子、マルセロ・エヴェリン、由良部正美、ヤザキタケシ等、共演したダンサーは数知れず。梅津和時らと中山ラビのバックを10年以上勤め、フランスを中心に海外でのライヴ活動も精力的に行う。 photo by Kzauo Yamashita -clip-