新作公演「復活」ご案内文

 

 

桜の時期、とある宴会の席で私のことを「この人はね、無駄な努力をしている人です」と紹介されることがありました。
とっさにその紹介の仕方に唸り「そう、それ!」と相槌うちながら、昔々の強い相槌の体感が蘇りました。
それは17歳の時に舞踊家・山田せつ子さんのワークショップを受けた時です、参加者各自が短い動きを作り、それを素材に即興で踊るという流れの中で、作った動きを順にせつ子さんに見せる際に、やりかけた動きをとっさに変えた私に発せられた、せつこさんの言葉「そう、それ!」。当時は恥じらい深き乙女だったので、発話こそしなかったのですが、心の中と全身で強く相槌した記憶があります。

では、本題に。
 
2016年からマーラーの全交響曲を使用して振り付け作品を創作することをはじめました。
これは、今はなきアトリエ劇研のアソシエイトアーティストに選出されたことをきっかけに、始めたプロジェクトです。劇研では2016年に第1番【TITAN】、第7番【夜の歌】を上演し、2017年夏に劇研での私の最後の公演は第6番【悲劇的】でした。
それから2年経ち、京都に新しい劇場THEATRE E9 KYOTOができました。
THEATRE E9 KYOTOはアトリエ劇研という劇場が存在しなければ、できなかった劇場です。
 
この2年間、こういった、なくなったものを受け継ぐ意志を持つ人々という存在に、私はいろんな場所で出会いました。
それは、THEATRE E9 KYOTOを実現するために走り回った人やE9がある東九条の住人の方々、私の住んでいる右京区の嵯峨大念佛狂言保存会や愛宕山を守る方々、滋賀の限界集落・朽木古屋の念仏踊りを継承する方々、舞踏と再会するために向かった屋久島、新長田で向き合った黒沢美香のジャズズという作品、縁が重なり毎年行く気でいる中国・雲南省、マーラーのリサーチで行ったオーストリア、そして今は、韓国・ソウルでこの文章を書きながら、まだまだ書ききれないと、のたうち回りながら、京都に居を構えながらも、いろんな所にリサーチや公演で足を運び出会った人々の中にあった、受け継いでいく意志や、伝えていく宿命に感銘し続けながら、私が舞踊を続ける上で、伝え残していきたいものはなんなのかと自問自答しています。
 
自問自答はしながらも、私に「そう、それ!」の体感を与えた山田せつ子さんと、私が「そう、それ!」の体感を伝えたい斉藤綾子さんと、9月20~22日にTHEATRE E9 KYOTOでマーラー交響曲第2番【復活】を全楽章、たっぷりと90分間、3者のソロ/ディオ/トリオでご披露します。
今回は、ここ数年ずっと憧れを抱いている、タイムペインティングという独自の表現を確立した、ビジュアルアーティストの仙石彬人さんもご一緒いただきます。
舞踊とタイムペインティングという、常に変化していく表現に向き合いながらも、まさに日々の「無駄な努力」というものに勤しんで挑みます。けれど、観客の皆様に「そう、それ!」という強い相槌を打っていただけたならば、それは「無駄でない努力」のになりますので、どうぞ【復活】をご覧にTHEATRE E9 KYOTOにお出かけくださり、4人の表現者が挑む、消えて現れ存在する表現をお楽しみいただければ幸いです。

ぜひ皆様、2019年9月20~22日、THEATRE E9 KYOTOにて。
マーラー交響曲第2番【復活】全楽章を踊る身体を目撃ください。

では、「無駄な努力」の消えない世の中と表現の可能性を願いながら。

____________________________

きたまり/KIKIKIKIKIKI新作ダンス公演
マーラー交響曲第2番ハ短調「復活」

演出・振付/きたまり

出演/山田せつ子、斉藤綾子、きたまり

ビジュアル/仙石彬人

2019年9月20日(金)19:00 / 21日(土) 19:00 / 22日(日) 17:00
*開場は開演の20分前、受付は40分前より開始

〈公開リハーサル〉 9月19日(木)19:00
*開場・受付は開演の15分前より開始 *記録写真撮影あり

【会場】
THEATRE E9 KYOTO

詳細・ご予約
https://askyoto.or.jp/e9/ticket/201909

              
_____________________________

ご報告

2018年8月31日をもって、2003年から15年間活動していましたダンスカンパニーKIKIKIKIKIKIを固定メンバーのいる形式を終え、2018年9月1日からきたまりのソロユニットに移行しました。
今後はプロジェクトごとにメンバーを集めて活動をするユニットとしてKIKIKIKIKIKIを続ける次第です。
 
いつの間にかや15年!ダンスを続ける喜びと大変さを噛み締めながら山あり谷ありとありましたが、カンパニーメンバーがいてくれたことで続けられた部分に随分甘えていた気がします。たくさんの支えをメンバーにいただいていましたが、孤独への熱意を持って15年の節目にこのような決断に至りました。
各メンバー(野渕杏子、花本ゆか、藤原美加)は個々でそれぞれの活動をしていくと思いますので、どうぞ機会を見つけたらそれぞれの身体のあり様にお付き合いください。改めまして一同を代表して支えてくださいました皆さまにお礼申し上げます。ありがとうございました。
不束者ですが未来永劫、ダンスを卑しく貪りつづけていく所存ですので、どうぞみなさま宜しくお願いいたします。
今後の活動にご期待ください。まずは節目のご報告でした。
 
きたまり 
2018年9月28日(金)

マーラー 交響曲ダンスプロジェクト

2016年からマーラー全交響曲のダンス化に挑むプロジェクトシリーズのこれまで。

続きを読む

「悲劇的」ダンサー紹介⑤ きたまり

きたまり

1983年生まれ。17歳から舞踏家・由良部正美の元で踊り始める。2001年から2005年まで「千日前青空ダンス倶楽部」(代表・赤玉)のダンサー(芸名・すずめ)として国内外の公演に参加。京都造形芸術大学 映像・舞台芸術学科 在学中の2003年よりダンスカンパニー「KIKIKIKIKIKI」主宰。近年は舞踊史を扱うソロ作品、他ジャンルのアーティストとの共同制作を国内外で行う他、2015年よりマーラーの全交響曲をダンス化するシリーズを開始。「WeDance京都2012」のプログラムディレクターを経て2013年より「Dance Fanfare Kyoto」を企画。ダンスシーンの活性化や舞台芸術における身体の可能性を追求するプロジェクトを多数開催、ジャンルを越境する活動を展開している。

続きを読む

「悲劇的」ダンサー紹介④ 花本ゆか

花本ゆか/はなもと ゆか

3歳から石原バレエアカデミーでクラシックバレエを習い始める。その後、同教室でモダンダンスなど様々なダンスと出会い2004年京都造形芸術大学 映像・舞台芸術学科に入学。

2005年きたまりと出会い「プロポーズ」「TWIN」に出演し、2007年「サカリバ007」できたまり率いるカンパニーKIKIKIKIKIKIに本格的に参加。他に金粉ショーやらやなぎみわ映像作品「婆々娘々(ポーポニャンニャン)」に出演。

2008年はなもとゆか×マツキモエのユニットでも活動を始める。

最近では、ダンスシーンに留まらず、劇団ヨーロッパ企画や子供鉅人などの演劇作品。ヨーロッパ企画任天堂のアダムちゃんの声出演などもして活動の場を広げている。

続きを読む