きたまり/KIKIKIKIKIKI新作公演 「夜の歌」出演者


Aプログラム

きたまり Kitamari

 

1983年生まれ。2001年-2005年「千日前青空ダンス倶楽部」のダンサー(芸名・すずめ)として国内外の公演に参加。2002年からソロ活動を開始。

2003年ダンスカンパニー「KIKIKIKIKIKI」設立。

2006年京都造形芸術大学 映像・舞台芸術学科卒業。

「TOYOTA CHOREOGRAPHY AWARD 2008」にて『サカリバ007』で"オーディエンス賞"、「横浜ダンスコレクショR2010 」にて『女生徒』で"未来へはばたく横浜賞"受賞。2010年-2013年伊丹アイホールの「Take a chance project」や「KYOTO EXPERIMENT 2011」で新作共同制作を行う。近年は自身の振付作品以外の様々な舞台公演に出演。

また、「We dance 京都2012」ディレクター他、ダンスシーンの活性化と舞台芸術の可能性の広がりを目指し、2013年「Dance Fanfare Kyoto」を立ち上げる。

 

三浦宏之 Miura Hiroyuki

 

 M-laboratory主宰・作家・振付家・舞踊家。

'93年土方巽記念アスベスト館にて舞踏を始める。以降ダンサー及び振付家として21ヶ国40都市以上での公演に参加。

'99年M-laboratoryを結成し'10年の活動停止までに24作品を製作し国内外で上演。'02年よりソロワークを開始し国内外で上演、作品製作、ワークショップ活動を行う。

’10年よりアートユニットWorks-Mを開始し、これまでに国内8都市で8作品を発表。

近作はWorks-M Vol.7「クオリアの庭」(’16年横浜ダンスコレクションアジアセレクション)横浜ダンスコレクションソロ×デュオコンペティションナショナル協議員賞受賞。東京コンペ#2優秀賞受賞。


Bプログラム

 野渕杏子 Kyoko Nobuchi

 

京都造形芸術大学 映像・舞台芸術学科卒。

2004年よりKIKIKIKIKIKIの活動に参加。

その後KIKIKIKIKIKIの活動と並行して、山田せつ子、伊藤キム、北村成美、荒木志珠、村川拓也の作品や倉田翠による展示企画、南弓子によるイベント、デカルコ・マリィ企画の即興セッションにもダンサーとして参加している。 ソロ作品に『鞦韆道』『エド』『ある女の回想』 増田美佳(ダンサー/役者)とのデュオ作品に『waltwo  

花本有加 Yuka Hanamoto
1985年生まれ、広島県出身。健康の為に3歳の時にクラシックバレエを習い始めた。12歳でオーストリアのザルツブルグへ1ヶ月のダンス研修に行き、様々なダンスと出会う。それを期にダンスの面白さを知る。04年に京都造形芸術大学映像・舞台芸術学科に入学。05年より[プロポーズ][TWIN][おめでとう]などのきたまりの作品に出演し、07年に[サカリバ]でKIKIKIKIKIKIに所属。08年「はなもとゆか×マツキモエ」としてデュオでも活動。デュオではCONNECT vol.4で優秀賞受賞、横浜ダンスコレクションEX2013ファイナルに出場。

 ソロでは、[カニ女][プレッツェル]を発表。 

これまで、伊藤キム、KimWom、やなぎみわ、竹ち代毬也、佐藤健大郎、ANTIBODIES Collectiveなどの作品に出演。近年、ダンスのみに留まらず、劇団ヨーロッパ企画、子供鉅人などの演劇作品にも出演し活動の場を広げている。 

藤原美加 Mika Fujiwara

 

1990年生まれ、愛媛県出身。

6歳よりモダンダンスを始める。
2009年日本女子体育大学舞踊学専攻に入学。

「全日本高校大学ダンスフェスティバルin神戸」にて文部科学大臣賞受賞。また東京ディズニーリゾートにてダンスショーケースに出演。
2014年「国内ダンス留学@神戸」2期生ダンサーコース修了。
これまで黒沢美香、off‐nibroll、井手茂太、上田誠等の作品に出演。
2016年KIKIKIKIKIKI「TITAN」に出演。
またアーティストシェアハウス「NAGANAGA」にてコラボレーションパフォーマンスを行っている。

益田さち Masuda Sachi

 

幼少期にバレエを始め、割と本気になるが思春期にコンプレックスを抱えすぎて一旦やめる。
その後また踊りたくなり、社交ダンスやジャズダンス、モダンダンスなどに出会い、最終的にコンテンポラリーダンスにはまる。現在はダンサーとして舞台に出演しつつも、ダンスって、踊るって何なんだろうと疑問を抱いている。
過去の出演作品には、シャッツカマー作品「スモールハウス」、やなぎみわ演劇作品「ゼロ・アワー ~東京ローズ最後のテープ~」北米ツアーなどがある。

 

大谷悠 Otani haru
モダンダンス、クラシックバレエ、ジャズ、タップなどのジャンルや教室を渡りながら幼少より踊る。桜美林大学卒業、京都造形芸術大学大学院修士課程修了。大学在学中より創作も始め、ソロ自作自演、作品演出振付を行う。2014年、ソロダンス《solo wedding》を東京・パリ・京都・横浜で発表。主な出演作は、きたまり《結婚/戯舞》、寺田みさこ《アリア》、伊藤高志《最後の天使》(短編映画)、上野愛実《under》など。
精神科デイケアおいけ・ダンスプログラム担当講師。ストレッチを中心としたワークショップTraveling Body主催。